大きめ、小さめのフォント

大きめ、小さめのフォント大きめ、小さめのフォントの表示例

フォントのサイズを基本のサイズから1段階大きめにしたり小さめにしたりします。HTMLの記述でも<font>タグを使わず指定できます。

<big>大きめサイズのフォント</big>
<small>小さめサイズのフォント</small>

もちろんスタイルシートを使うことも可能です。<big>タグや<small>タグは非推奨ではありませんが、スタイルシートに慣れていれば、あまり使うことはないでしょう。

HTML/XHTML

<h1>HTMLで大きめ、小さめのフォントの表示</h1>
<p>標準サイズのフォント</p>
<p><big>大きめサイズのフォント</big></p>
<p><small>小さめサイズのフォント</small></p>
<h1>スタイルシート(CSS)で大きめ、小さめのフォントの表示</h1>
<p>標準サイズのフォント</p>
<p class="big">大きめサイズのフォント</p>
<p class="small">小さめサイズのフォント</p>

CSS

<style type="text/css">
<!--
.big { font-size: large; }
.small { font-size: small; }
-->
</style>

大きめ、小さめのフォントの表示例

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録