スタイルシート、スクリプト言語の指定

<head>~</head>タグ内に配置し、<meta>タグを使って、HTML/XHTML文書のスタイルシート言語、スクリプト言語の指定をします。この指定はしなくても、大抵の場合、ブラウザが自動で判別しますが、W3C勧告では記述することが求められています。

HTML

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=Shift_JIS">
<title>文書のタイトル</title>
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
   :
文書の情報
   :
</head>
<body>
   :
ブラウザで表示される内容
   :
</body>
</html>

XHTML

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=Shift_JIS" />
<title>文書のタイトル</title>
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css /">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
   :
文書の情報
   :
</head>
<body>
   :
ブラウザで表示される内容
   :
</body>
</html>
はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録