文字コードの指定

<meta>タグを使って、HTML/XHTML文書のMIMEタイプと文字コードを指定します。<head>~</head>内に記述します。文字コードは日本語のホームページであれば、「Shift_JIS」が一般的です。WordpressなどのCMSやEC-CUBEなどのショッピングカートなどを使う場合は、文字コードは「UTF-8」「EUC-JP」にすることが多いでしょう。どの文字コードを使うかはそのプログラムの仕様に合ったものにします。

HTML

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=Shift_JIS">
   :
文書の情報
   :
</head>
<body>
   :
ブラウザで表示される内容
   :
</body>
</html>

XHTML

<meta>タグは空要素ですが、XHTMLでは終了タグが必要です。
<meta>タグの最後の部分が「 />」とならなければいけません。また、XML宣言の文字コードと同じである必要があります。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=Shift_JIS" />
   :
文書の情報
   :
</head>
<body>
   :
ブラウザで表示される内容
   :
</body>
</html>
はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録