HTML/XHTML文書構造の定義

<html>、<head>、<body>の3種類のタグでHTML/XHTML文書構造の定義をします。

<html>~</html>

<html>タグは文書がHTML/XHTMLで作成されていることを宣言するものです。文書の最初で始まり、最後に閉じます。これより先に書かれるのは文書型宣言とXML宣言です。

<head>~</head>

<head>タグは文書のタイトルなどの情報、特徴、仕様などを記述します。ここに書かれた内容はタイトル以外は通常ブラウザ上には表示されません。

<body>~</body>

<body>内に書かれる内容が実際にブラウザに表示される内容です。

HTML

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
   :
文書の情報
   :
</head>
<body>
   :
ブラウザで表示される内容
   :
</body>
</html>

XHTML

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
   :
文書の情報
   :
</head>
<body>
   :
ブラウザで表示される内容
   :
</body>
</html>
はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録