HTML/XHTMLの文書型を宣言する

HTML文書、XHTML文書では、各バージョンで使えるタグや属性などが定義されています。HTML文書、XHTML文書を作成する場合、どのバージョンにしたがって文書を作成していくのかHTML文書、XHTML文書の最初に記述する必要があります。

HTML文書

HTML 4.01 Strict

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Strict //EN">
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Strict //EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

HTML 4.01 Transitional

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

XHTML文書

XHTML文書の場合最初にXML宣言を記述する必要があります。encoding属性では使用する文字コードを指定します。日本語では「Shift_JIS」が使用されることが多いですが、WordpressなどのCMSを活用する場合は「UTF-8」です。

XHTML1.0 Strict

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

XHTML1.0 Transitional

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録