秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む

田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ

奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき

鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける