汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕の山に入りのこる 月を旅路の友として

右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ 雪は消えても消えのこる 名は千載の後までの

窓より近く品川の 台場も見えて波白く 海のあなたにうすがすむ 山は上総か房州か

梅に名を得し大森の すぐれば早も川崎の 大師河原は程ちかし いそげや電気の道すぐに

鶴見神奈川あとにして ゆけば横浜ステーション 湊見れば百船の 煙は空をこがすまで

横須賀ゆきは乗換と 呼ばれておるる大船の つぎは鎌倉鶴ヶ岡 源氏の古跡や訪ね見ん

八幡宮の石段に 立てる一木の大鴨脚樹 別当公暁のかくれしと 歴史にあるは此陰よ

ここに開きし頼朝が 幕府のあとは何かたぞ 松風さむく日は暮れて こたえぬ石碑は苔あおし

(鉄道唱歌東海道編より)