猫も杓子もSEO

SEO、SEMという言葉が使われるようになって久しいですが、最近ではホームページをこれから立ち上げるという方もこの言葉を知っています。ただ、このSEO、SEMという言葉が独り歩きしているような気がします。

SEOとやらをすると検索エンジンでビューンと上位に出てくる。

ホームページに人がどんどんやってくる。

商品やサービスがじゃんじゃん売れる。

これで社長もご機嫌に…

でも現実にはそんなことはないですね。というか、最低限かつ最小限のSEOを行っていないサイトはどうにもならないという状況が現実ではないでしょうか。

「何もしないのは問題だが、やりすぎはもっと問題」

というのが私個人の考えです。仮にスパム的SEOで一時的に上位に表示されることはあってもスパムと判断された時点でそのサイトは終わりです。あなたがもしこれからSEO、SEMを施そうと考えているのならその方法がスパムかどうか十分に検証する必要があります。

まして、それを外部に委託しようと考えているのであればその業者が何をするのかを十分に検討する必要があるでしょう。なかにはMETAの記述のみして「はい、できました」なんて言っているようなところもあります。

また、なかにはシンプルなHTMLで惚れ惚れするようなサイトに作り変えてくれる業者もあります。

「SEOはうちにお任せください。」
「そうか!!やってくれるのか!!」

なんて、安易に頼んだりすると、あとでとんでもないことになるかもしれませんよ。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録