見えない文章

検索エンジン対策でいまだによく見られるのが、HTMLに書かれている文章を、ブラウザで見せなくするというもの。古典的なスパムなのですが、結構使っているサイトがあります。

さすがに背景と文字の色を同じにしてなんてあからさまなことはあまり見受けられなくなりましたが、スタイルシートを使っているサイトは結構あります。

キーワードをいっぱい使ったちょっと不自然な文章をHTMLに書いているのですが、ブラウザでは見えない。どうしてるかというと、単純に「見せないよ」としているものだったり、この部分はマイナス999ピクセルの位置に表示してなんてことをしています。マイナス999ピクセルはブラウザ上には表示されません。

中には、テキストリンクはかっこ悪いので画像を使ったメニューにしたい。でも検索エンジン上不利ということで、背景画像がメニューボタン。テキストリンクはマイナス999ピクセルの位置という手の込んだことをしているサイトも結構あります。

今のところこの手法をスパムと判断していないようですが、ここに闇雲にキーワードを詰め込んでくるサイトが増えてくれば、当然バッサリ切られるでしょうね。気をつけましょう。

検索エンジン対策に必死になるより、コンテンツを充実させることに必死になったほうがずっと効果的ですよ。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録