はじめて作るHTMLファイル

いろいろと解説ばかり書いていっても飽きてしまいますので早速ホームページを作成してみましょう。

え?ソフトがまだないって?
大丈夫です。メモ帳というソフトで作りますから。

HTMLファイルを作成してみよう

まず、メモ帳を起動してください。OSがウィンドウズでない方は、テキストエディタを起動してください。

ウインドウズの左下のスタートボタンから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」とクリックしてください。

下のような画面が出ましたか?

それではそこに以下のように書いてください。半角英数です。

間違いのないようにきちんと入力しましょう。 ご覧になるとわかるように文書全体が、

<html> ~ </html>

というタグに囲まれています。HTML文書は<html>で始まり、</html>で終わります。

そして<html> ~ </html>の中に
<head> ~ </head>の部分と
<body> ~ </body>の部分に分かれています。

<head> ~ </head>の部分

<head> ~ </head>の部分はページのタイトルや内容、キーワード、 スタイルシートやスクリプトなどを記述します。実際のブラウザで表示されるのはタイトルぐらいですね。
でも、大切なページの情報ですのできちんと書きましょう。

<body> ~ </body>の部分

<body> ~ </body>の部分が実際インターネットエクスプローラーなどのブラウザで見ることの出来る部分です。
当然情報量も多くなりますし、記述に必要なHTMLタグもいろいろありますので少しずつ学んできちんと書ける様になりましょう。

間違いなく入力しましたか?それでは今メモ帳で記述したものを保存しましょう。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録