W3C勧告に準拠

「W3C勧告に準拠」って、どういうことなのでしょう?

ホームページはHTMLで書かれています。そのHTMLには当然文法があります。W3Cと言う団体がHTMLはこう書きましょうね。と言う提案をしています。それに基づいてホームページを制作していくことがW3C勧告に準拠したホームページとなるわけです。

インターネットエクスプローラーをはじめとするブラウザもこのW3C勧告に基づいて設計されています。以前はブラウザと言ってもそれほど種類もなくインターネットエクスプローラーかネットスケープナビゲーターのいずれかが主流でした。

現在もインターネットエクスプローラーが圧倒的に多いのですが、それ以外のブラウザを使う人も増えてきています。

ところでホームページ作成ソフトと言うのはW3C勧告に準拠したHTMLを書き出してくれるとは限りません。ですからソフトウェアを使って一生懸命ホームページを作成してもブラウザによってはきちんと表示されないなんてこともあります。

もし今現在ホームページを運営していたら一度チェックしましょう。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録