効果の出ないホームページ

私が始めてホームページを作ったのはもう10年ほど前のことですが、そのころ目指していたものは「きれいでかっこいいホームページ」です。あちらこちらのホームページを何の気なしに見ていると「わぁ…かっこいい!!」と思うようなサイトに出会います。

「どんな風に作ってるんだろう?」

と、いろいろ調べたり、自分でも試行錯誤を重ねたりして、自分のホームページもだんだんかっこよくなってきました。実際訪れてくれた人にも感心されてすっかり舞い上がったりしていました。

「みられて、素敵!!って思われるホームページを作ろう!!」

と、思っておりましたが、Googleの台頭によってその考えはまったく変わってきました。SEO対策というものが言われるようになりました。で、どちらかというとテキスト重視、正しいHTML重視のホームページを作るようになって来ました。

しかし、SEO対策ブームと言えるほど猫も杓子もSEOと言う状況になり、それをビジネスとする会社までできてきて…そんなことを個人レベルで追いかけても限界があると気づきました。

で、基本に立ち返って「ホームページで何をしたいか?」と言うことを考え、純粋に掲載していきたいことを更新していくと言うことに専念するようになりました。

すると徐々にアクセスも増えてきました。検索エンジンでもそこそこ上位には出てきています。更新しやすいホームページはあまり複雑ではない構成にしておく必要があります。必然的に正しいHEMLでそこそこのテキストのサイトとなって行きます。

結果としてそれが最も効果のあるホームページ作成と、運営となりました。

私のクライアント様でも同様です。こまめに更新したりしているサイトオーナーの方は順調に効果を伸ばしています。しかし、最初の出来上がりを重視、きれいでかっこいいサイトを求めたクライアント様や検索結果の位置のみを考えたクライアント様のサイトは、こちらがいくら提案しても更新しようとしません。

結果、アクセスが伸びない、そして効果もない。そしてもうやめようかな…

となっていきます。そして、制作したサイトが悪いんだ…となり、新たな制作会社を探しまた一から始めていくのです。こういうクライアント様は色々なホームページ制作会社を儲けさせてくれるだけで、いつまでたっても自分にはかえってきません。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録