ウェブ検索

ウェブ検索の時、望む情報が見つからなかったり、製品やサービスが見つからなかったり、ヒットした上位の情報はどれも中途半端なものだったり。なんて事が時々あります。

以前に比べればかなり改良されてきて、ウェブ検索の精度も上がってきていますが、それでもおかしなSEOを施したサイトが上位に出ることもあります。

ウェブページを制作する側は無限に作成していきます。それをうまく検索結果に反映させようとするウェブ検索には限界があるのかもしれません。

あとは作り手のモラルの問題か…これもまたあまり期待できそうにない。

大人はある程度の判断能力もあるし、自分で責任を負うことも出来ます。でも、子供たちにとってはそこにある情報のどれが正確でどれがあやしいかの判断はなかなか出来ません。ウェブ検索は子供でも簡単にできますが、そこに書かれていることの良し悪しを判断するのは簡単ではありません。

何かわからないことがあったら「ウェブで検索」という安易な方法を少し見直すことも大切かもしれません。

ウェブページを作成する側としてはウェブ検索における結果というものがビジネスの成否を左右したりします。ですから往々にして無理やり上位に出そうとしたりする人もいるようですが、分相応がちょうどいい。

ウェブ検索で同業他社、しかも大手を差し置いて検索結果に出ようものなら手に終えない仕事が舞い込んでしまうかもしれません。それもまた逆にコマリモノ。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録