ウェブアクセシビリティ

「ウェブアクセシビリティ」ということを聞いたことありますか?簡単に言えば高齢者や障がいのある方にも負担なくホームページを閲覧してもらえるようにサイトを構築することなのですが、いまひとつどういうことかわからないという方が多いのではないでしょうか?

まず大切なのはHTMLの文法に沿って見出しやリストを適切に使用するということ、テーブルレイアウトはやめるべきでしょう。そしてキーボードのみの操作でもわかりやすいとか、音声で聴いていても理解できるとか、様々な点に留意する必要があります。

詳しくは「ウェブアクセシビリティ基盤委員会」のサイトをご覧ください。

細かいことがたくさん書いてありますね。どんなサイトを運営しているかでどこまで配慮するかはわかれてきますが、少なくとも…

  • 自治体などのサイト
  • 公共性の高いサイト
  • 大手企業
  • NPO法人
  • 病院・介護・福祉施設

等のサイトはかなり高いレベルでの配慮が必要なのではないかと思います。最近アクセシビリティに配慮したサイトの構築案件も増えてきています。

あなたのサイトはいかがですか?
おっと、その前にこのサイトも配慮が足りんなぁ。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録