W3C準拠は必要なこと

ホームページを作成するためのHTML。この記述方法にはルールがあります。 HTMLの記述方法がまちまちですとブラウザごとでの表示が崩れたりします。そこでW3Cという団体が標準となる企画を勧告しています。そしてその企画に 準拠することすなわちW3C準拠はこれからのウェブサイトではとても重要なこととなります。

ほんの少し前まではブラウザと言えばインターネットエクスプローラーかネットスケープナビゲーターのいずれかが主流でした。ホームページを制作する側もこの2つのブラウザで表示させることのみを意識してサイトの制作を行ってきました。

しかしながら、W3C勧告に準拠したモダンブラウザが登場することによりウェブ制作においてW3C準拠はとても重要なこととなっています。W3C準 拠、Web標準であることはより多くの人にサイトを快適に閲覧してもらうことが出来る、検索エンジンに優位に働く(SEO)最低限必要なこととなっていま す。

残念なことにそのような現在においてもW3C準拠を意識しないホームページ制作会社が多く存在します。普段インターネットエクスプローラーを使う方 はあまり気付かないかもしれませんが、Firefox(私が普段使っているブラウザ)で閲覧すると表示のおかしなホームページが多いことに気付かされま す。

ホームページ制作会社のサイトですらレイアウトが大きく崩れていたりすることがあります。インターネットエクスプローラー以外のブラウザを利用する人はごく少数です。それでも最近はインターネットエクスプローラー以外のブラウザを使う人が増えてきています。

すでにホームページを公開している方で、公開後しばらく時間の経っている方、様々なブラウザで閲覧したことのない方、チェックした方がよいでしょう。多少のずれはよしとしても、文字が重なって見えたり、段組が大きくずれたりしていれば修正が必要でしょう。

いくつかブラウザをあげてみましょう。いずれも無料でダウンロードできますのでチェックしておきましょう。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録