ホームページ作成(HTML)基礎講座

ホームページ作成にチャレンジ!! 2012年6月28日

ホームページはHTMLという言語で記述されています。というとなんだかとても難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。きちんとひとつずつ理解していけばよいのです。そしてそれほど膨大な知識を必要とするわけでもありません。

ホームページ制作の準備 2012年6月28日

HTMLとはHyper Text Markup Languageの略でホームページなどの文書を作成するときの言語の決まりです。 HTMLはこのサイトで解説しているタグで囲まれたテキストで書かれています。HTML文書には基本的に「html」または「htm」という拡張子がついています。

はじめて作るHTMLファイル 2012年6月28日

いろいろと解説ばかり書いていっても飽きてしまいますので早速ホームページを作成してみましょう。

HTMLファイルを保存しよう 2012年6月28日

前のページのように記述したら上のツールバーの「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックします。

ファイルの拡張子を表示させる 2012年6月28日

前のページで保存した「index」というファイルをインターネットエクスプローラーで表示するためにはこのファイルの拡張子を変更する必要があります。

ファイルの拡張子を変更する 2012年6月28日

「homepage」フォルダ内の「index.txt」を右クリックし、「名前の変更」をクリックします。

ホームページの編集をしよう 2012年6月28日

さて、初めてのホームページはうまく表示されましたか?でもまだ何も内容が表示されていませんよね。それではこれからHTMLの記述を順番にやって見ましょう。

ホームページのタイトルを入力しよう 2012年6月28日

まず最初にホームページのタイトルを入力しましょう。タイトルはブラウザのウィンドウの 一番上に表示される部分で何も記述していないとファイル名で表示されます。

ホームページの内容を記述しよう 2012年6月28日

さて、これから実際のページの内容を記述していきましょう。ホームページの内容は、<body> ~ </body>の間に記述します。

ホームページの文章を読みやすくする 2012年6月28日

文章が長くなってくると段落に分ける必要が出てきます。またさらにページ作りに手が込んでくるとページの区分けが必要になってきます。

1 / 3123