夏休みの宿題

夏休みも終盤に差し掛かり、子供たちは宿題のラストスパートに。

昔も今も悩むのが自由研究や工作なのでしょう。でも今は工作キットや実験キットがたくさん販売されています。またそれを利用する子供のいかに多いことか。

親も普通に買い与えているようです。

でも、あんなものじゃぁ失敗はしないでしょう。自由研究や工作は失敗してこそ次のステップに進めるのではないでしょうか?必要なものが全部セットになっていて説明書どおりにやっていけばたいてい出来る。プラモデルと同じです。

私の子供のころはプラモデルが工作だなんて絶対に認めてもらえませんでした。

自分で考え、友達と考え、試行錯誤してひとつのことに取り組むことが大切だと思います。失敗は当たり前、思うような結果が出ないのも当然です。それでもそれに取り組んでいる時間が大切だと思います。

今の世の中なんでも結果がよければそれでよいという風潮があります。結果が出なくてもその過程において学ぶことは多いはずです。うまくいかないから次はどうするかを考える。その繰り返しが人を成長させるのだと思います。

子供たちにはそんな経験をいっぱいさせてあげたいものです。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録