情報格差

2007年版「情報通信白書」によると、年収が多いほどパソコン保有率やネット利用率が高くなるという。年収の低い人はパソコンを買えないし、インターネット利用料も払えないということだ。

そりゃそうでしょう。パソコンやインターネットなんて無きゃぁ無くてもいいだろうし、それよりも大事なことは今日の晩ごはんは何にするかということ。

でも実際はそうでもないような気もします。だって携帯電話はみんな持っているし、毎月の利用料だって結構な金額になる。インターネットの通信料のほうがはるかに安いです。

パソコンだって安いものを探せば数万円で十分使えるものがあります。

きっと、携帯電話に比べて必要性を感じないということなのでしょう。使ったことの無い人はまず使い方がわからないだろうし…私もちょっと前までそうだったわけで…

でもある程度使うようになれば、やはり便利ですし、少なくとも私は携帯電話よりは使える道具と思っています。

だからもし私がパソコンか携帯電話のどちらかしか使えない状況だとしたら迷わずパソコンを取るでしょう。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録