ごみ有料化

札幌市でもごみの有料化が議論されています。私は基本的に賛成です。

以前すんでいた町ではすでに有料でした。町指定のゴミ袋を購入しなくてはいけません。中くらいのサイズが10枚で400円くらいだったと思います。そして町内会ではごみステーションの掃除当番、除雪当番がありました。

ごみステーションはいつもきれいでした。

やはり都会ではそういったモラルやマナーが欠けるのでしょうか?近所は知らない人ばかりだったりするからなのでしょうか?特に一人暮らしの人たちが多そうな地域のごみステーションは悲惨な状況ですね。

ゴミ袋を有料化すればこれが解決すると思いません。先日行われたという市民とのごみの問題についての討論会でも、ゴミ袋有料化の話よりも町内のごみステーションの問題のほうが話題に上っていたということです。

ゴミ袋を有料化すればごみの減量化には役立つと思います。またごみを処理するにはお金がかかるという意識を持たせるのにも役立ちます。それはとても大切なことです。

しかし一方で、ルールを無視する人も出るでしょうし、不法投棄も増えるでしょう。もし、指定のゴミ袋で出されなかったごみを収集していかないようになればごみステーション問題はさらに深刻になるかもしれません。

最近は何か買い物をすれば必ずごみが出ます。食品を買って、食べてしまったのに食品トレーやビニール袋など量としてはなんだか買い物してきた量と同じくらいのごみになります。

たまに弁当なんかを買えば大変です。きっと一人暮らしでコンビに弁当に頼っている人は大変だろうなぁ。と思ってしまいます。食べるごとに弁当箱が増えていきます。

そういう便利なものを買えば買うほど、使えば使うほどごみは増えます。ごみに対する市民の意識をどう変えていくかが最大の問題でしょう。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録