内定をたくさんもらう学生

最近は超売り手市場らしい。いくつもの会社から内定をもらっている学生が多いそうです。ほんの数年前までは全然違ったのに。

当時学生だった人たちはいまだ正規雇用ではなく、派遣だったりアルバイトだったり。生まれた年が違うだけでこんなにも環境が違ってよいのでしょうか?私が叫んでもどうすることもできませんが、数年前の学生と今の学生の質を比較したって何も変わらないと思う。それなのにこんなにも待遇が違う。

私が学生だったのはバブル経済の真っ只中。今と同じように先輩たちは多くの企業から内定をもらっている。そして翌年リクルーターとして会社から軍資金をもらって学生の獲得に回る。

こういうものは波があるのは仕方ないと思いますが、企業が新卒ばかりを獲得しようとするのは解せない。数年前の氷河期の人たちは少しの社会経験をつみ、社会のよい部分、悪い部分を見てきたと思います。

そういう人たちのほうがずっと優秀で、その会社の戦力になるような気がしますが…

それよりも世の中のことをまだ何も知らない学生のほうが扱いやすいということか。自分の都合のいいように染めやすいということか。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録