携帯電話で写真

昨日の携帯電話のことを書いていたらふと思い出したことがあるのでちょっと続きを…

それは毎年行われる花火大会での出来事です。市内の河川敷で行われる花火大会には市内や近郊から大勢の方が来ます。我が家も自転車でいける範囲ですので皆で近くまで行って見物します。

花火会場の河川敷は風も心地よく、きれいな花火と迫力ある音に時間の経つのも忘れてしまいます。日本の夏、って感じがします。

上ばかり見ていましたがふと視線を下に落とすとその花火会場にいっぱい光が見える。何だ?と思ってよく見ると携帯電話で花火の写真を撮っています。その数の多いこと。

まるでコンサート会場のペンライトのようです。花火に負けないくらいきれいでした。でも、近くで携帯電話で花火の写真をとっている人を見るとなんだか間抜けな姿です。

子供のころ外国人が日本人を風刺した絵で、日本人はメガネをかけてカメラを肩からぶら下げているというようなものが描かれているものを見たことがあります。きっと今、日本人を風刺するとしたら携帯電話でみんなで写真を取っている絵になるんだろうなぁ。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録