上ホロ雪崩遭難

悲惨な雪崩事故が起きてしまいました。それも「日本山岳会北海道支部のメンバー」という、どちらかといえば登山に関して知識も経験も豊富な人たちでの事故です。

登山という遊びは常にリスクを負っています。場合によっては今回のように死に至る場合も少なくありません。山岳事故をなくすことは不可能であるとは思います。しかしながら一昔前に比べて装備も充実し、軽量化されているはずです。にもかかわらずこのような事故はおきてしまいます。

山岳事故は技術的な不足、経験不足によるものもありますが、多くは判断ミスなのではないでしょうか?
「そこのルートは入らなければよかった」
「その時点で引き返していればよかった」
「判断が甘かった」

事故後の記者会見でよく聞かれます。いつも行っている山だから…以前登ったときもそうだったから…が通用しないのが登山のはずなのに…

たとえ訓練で登っているにしろ、いくらアクセスの簡単な山であるにしろそこは冬山ですし、木の少ない斜面とたくさんの雪がある以上、雪崩の可能性は常にあります。そこで訓練をしなければならない事情もわかります。

でも訓練だからこそ限りなく危険をゼロにしなくてはならないのではないでしょうか?どこまで登る、どこで訓練するの判断はそのパーティーのリーダーが可能な限り的確に行っていたのだと思いますが、せっかく開発され実用化されているビーコンをなぜ持っていなかったのでしょう?なぜ持って行かないという判断をしたのでしょう?

事故が起きた後に「たら」「れば」という言葉が出ることが残念です。神風登山者であれば自業自得と思いますが日本山岳会のメンバーということは、そんなことはないでしょう。今後の事故防止と日本を代表する山岳会として登山のルールと安全の啓発に取り組んでほしいものです。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録