モンスターペアレント対策

モンスターペアレント対策で堺市教育委員会は警察官OBを学校危機管理アドバイザーとして採用したというニュースがありました。なんとも情けない世の中になったものです。子供たちもこういうニュースは見ています。結構敏感です。でもあまり深い知識はありません。

山田君のお母さんはPTAの委員をしています。ある日会合ではありませんでしたが、担当の先生の用事があったので子供たちが授業をしている間に学校に出掛けました。用事が済んだお母さんはすぐに帰っていきました。それを友達の田中君が見ていました。

田中君:「ねぇ、山田…お前の母さん学校に来ているぞ」
山田君:「エェ…本当?PTAの用事じゃないのぉ?」
田中君:「PTAはいつも夕方やってるじゃん。」
山田君:「それもそうだね。何しにきたんだろ?」

別の子A:「お前の母さん学校になんか言いに来たんじゃないの?」
別の子B:「あ、聞いたことある。モンスターペアレントとかいうやつでしょ」
田中君:「えぇ…!!お前の母さんモンスターペアレントだったの?」
山田君:「ちがうと思うけど…」

別の子A:「いやぁ~きっとそうだ」
別の子B:「えぇ~きもい~」

もしも子供たちがモンスターペアレントという言葉を知らなければ、

田中君:「ねぇ、山田…お前の母さん学校に来ているぞ」
山田君:「エェ…本当?PTAの用事じゃないのぉ?」
田中君:「PTAはいつも夕方やってるじゃん。」
山田君:「それもそうだね。何しにきたんだろ?」

別の子A:「お前なんか悪い事して母さんが呼び出されたんじゃないの?」
山田君:「心当たり無いけどなぁ…」
別の子B:「家に帰ったら怒られるんじゃない?」
山田君:「でも本当に心当たり無いんだ…」
田中君:「まぁ取り敢えず今日一緒に帰ろう。俺も一緒ならいきなり怒ったりしないだろ?」

モンスターペアレントという言葉を知っているばかりに会話が思わぬ方向へ行ってしまうかも知れません。私はこういう言葉が嫌いです。人を差別しているようで…その人の人格すら否定しているようで…

今の世の中こういうつまらない言葉から差別やいじめが起きているのかも知れません。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録