立ち退き御殿

札幌に住んでいたころ、近くの豊平川に橋が出来ることになった。当然そこにはもともと家があった。何軒かの家が立ち退くことになった近くに新しい家を建てる。でもある線からはそうはならない。近くにうるさい道路が出来たというだけ。

同じ税金から…なんだか不公平に感じた。

橋が完成しその橋の向こう側に行ってみる。橋を作ったのに合わせて道路まで新しく作られている。その道路の横には道内ではそこそこ大きな建設会社が…まるでその会社へ向かう立派な道路みたい。何かあるんだろうな。

ずっと以前大学で都市計画みたいなものを学んでいたとき都市部に新しい道路を作るというのはあまり意味がないと学んだ気がするが…ただでさえ街中が混んでいるのにそこに入る道路を増やしてどうする。

これからの政府にはこんなくだらん事はしてほしくありません。何かをするときに立ち退いてもらうということもあると思いますが、出来ればそんなことをしなくても…とかそこまでして必要か?とか、とりあえず何とかやってんだから作んなくてもいいよ。みたいな感覚がほしいですね。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録