マウンテンバイクその2

息子のマウンテンバイクを注文しました。今はインターネットで自転車を購入できる時代です。市内の自転車屋も巡りましたが、季節柄かもうほとんど在庫がない。

専門店に行くとなんとなく敷居が高い。量販店に行くといわゆるルック車といわれるマウンテンバイク風の自転車ばかり。結局はインターネットで情報を仕入れながら決めることにしました。

このあたりがやはり現在の地方都市の抱える問題なのか。ちょっと大げさかもしれませんが…

自転車を購入しようと思ってもまず自転車屋さん自体が余りありません。ホームセンターに行けばいくらでも売っています。しかしながらどうひいき目に見ても欲しくなる自転車がない。値段が安いだけ。

ではかといって専門ショップに行けば欲しくなる自転車はいくらでもあります。しかしながらどう見ても高額すぎる。

たとえば今回息子の自転車を検討するときに予算は大体4万円前後。ある程度しっかりしたつくりのマウンテンバイク。実用的であることも必要。というような条件で考えていました。

しかしながらホームセンターなどではその半額くらいで売っている。でもパーツをよく見てみればとても信頼できるようなものではありません。車重自体も重たい。おそらく2.3年でボロボロになるだろうと。

成長期の小学生であればまだ良いかもしれませんが中学生である程度身長も伸びてくれば長く大切に乗れるものを選びたい。で、専門店に行けば今度は10万円クラスの自転車ばかり。中にはそうでないものもありますが選択の幅が極端に狭くなります。

結局、そうやって街の自転車屋をうろうろするよりもネットで探したほうが早いということになります。ちょっと探せばいくらでも見つかります。しかもきちんと情報を載せている自転車屋さんでは各パーツの情報や写真も詳しく掲載してくれています。

で、今回頼んだお店はQBEIというお店です。なんと言っても各自転車の写真が豊富に掲載されていて、送料が安かった点。ただ、売り切れ商品が多いのが難点ですが。

ネットで自転車を購入した場合、困るのがおそらくアフターケアの問題でしょう。まぁその点は一通り自転車をいじくり回した経験も、工具もそれなりに持っているので大丈夫なのですが、そうじゃない人はその辺を考えてから購入しましょうね。

ネットで購入した自転車を近所の自転車や修理してもらおうと思ってもきっとあまり良い顔はされないでしょうから。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録