ツール・ド・北海道

明日からツール・ド・北海道です。毎年この時期に行われる自転車レースです。今年は道南方面が舞台で、677キロの戦いが繰り広げられます。17日に札幌のモエレ沼公園で行われるクリテリウムで終了となります。

今年でもう21回目の大会なのだそうです。子供のころツール・ド・フランスをテレビで見ました。こちらが本場でレースの規模も約3週間かけて3000キロほどの距離を走るレースです。「かっこいいなぁ」と思い、自分の自転車を改造したり、毎朝のように自転車に乗ったり、休みの日には100キロ以上の遠出をしたりしていました。

さて、ツール・ド・北海道ですが規模は本場とは比較にもなりませんが、観戦するとなかなか迫力あります。ただ難点は速すぎる…沿道で見ていてもあっという間にみんないなくなってしまいます。

そこで、やはり観戦するなら、最終日のクリテリウムが一番楽しめるでしょう。クリテリウムは周回レースですので、何回も選手たちの集団が目の前を通り過ぎていきます。昨年は街の中心大通公園で行われました。

今年は郊外の公園です。昨年観戦して感じたのですが、やはり最終日は街中で日曜日に行うと盛り上がるのに…でも、自転車レースというマイナーなスポーツのために通行止めにすることは大変なのでしょう。

でも、レースのフィナーレが大勢の観衆の中でのゴールというのは選手にとっては最大の快感なのではないかと思います。本場のツール・ド・フランスではいつもシャンゼリゼ通りでゴールしてました。ものすごい盛り上がりです。

よさこいとか北海道マラソンとか道路を通行止めにするにはそれなりの力も必要なのかもしれませんが、ぜひゴールは毎年、街の中心であってほしいものです。きっと年々観衆が増えていき、自転車に乗る時間を楽しむ人がもっともっと増えていくでしょう。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録