アクア説

今朝の朝刊のコラム記事で「アクア説」のことが出ていました。人類が進化する過程において一時期水生生活に適応することによって二足歩行や薄い体毛等の特徴を得たという仮説です。

高校生か大学生のころにちょっと聞いた記憶がありますが、あんまり詳しく覚えていませんでした。

で、ウィキペディアで水生類人猿説を読んでみると…へぇ、なるほどぉ。

確固たる証拠のある説ではありませんが、ロマンがありますなぁ。サルからヒトへのミッシングリンクが発見され、それらの棲んでいた環境がわかってくると「とんでもない仮説」に終わってしまうかもしれませんが、学者でもなんでもない一般庶民としてはちょっと素敵な仮説です。

はてなブックマーク数 このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録